一年草のきれいな花も良いし、宿根草も何年も咲くので、それも良し。だが、毎年の成長の見られる樹木は、派手さはないがそれまた良いなと思っている。 今回の庭整備にあたり、手持ちの草木の他に、シンボルツリーを通販で購入した。植物もののネット通販での初めての購入だったので、少し抵抗があったが心配ご無用であった。馴染みのクロネコのクール宅配便の車で、写真のようにしっかり位置され梱包されて来たので安心感があった。購入したのは「ホンコンエンシス月光」というミズキ科、ミズキ属の常緑性ヤマボウシ。花はもちろん、秋に熟す果実も楽しめるとのこと。もっとおしゃれな名前をつければ良いのになとは思うが。

f:id:Miketoy:20140327070426j:plain

購入先は、樹木屋という専門店で、1.5mもの。Amazonや楽天では、より低価格で売っていることを後で知ったが、後々のサポートのことを考えれば、多少高くてもやむを得ないだろう。若い人たちが「ネットを活用して、希少種のシンボルツリーを自分自身の手で植えよう!」の樹木のビジネスコンセプトで、一生懸命取り組んでいる事業を応援する意味もあるとしよう。

これで、西花壇は常緑樹のドトナエア、東花壇がこの落葉樹のホンコンエンシス月光の両横綱のシンボルツリーとなる予定だ。庭整備途上の下記写真では、中央の上部やや左に位置するところにある。

f:id:Miketoy:20140325183633j:plain

コルジリネの存在感に圧倒されて、まだ影が薄いけれど、近くで見ると5ミリくらいの球形の実は可愛いし、癒される感がある。今後の成長に期待だ。f:id:Miketoy:20140327180636j:plain