ジョナサン・リーベスマン監督作「ミュータント・タートルズ」("Teenage Mutant Ninja Turtles" : 2014)[BD]

実験体から驚異的な進化を遂げたタートルズと、凶悪な犯罪組織フット軍団の戦いを描くSFアクション作品。

ニューヨークの街に、凶悪なリーダー・シュレッダーが率いる犯罪組織「フット軍団」が蔓延り、各地で被害をもたらす。チャンネル6のリポーター・エイプリルは、不本意な業務に日々を費やす事に辟易し、社会派の特ダネを掴もうと躍起になり、フット軍団の襲撃を受けたブルックリンの港湾施設の独自取材を始める。その過程でエイプリルは、フット軍団が貨物から遺伝子研究に使う化学薬品を盗み出した事を知る。

夜、エイプリルは再び港に張り込み、シュレッダーの側近カライが率いるフット軍団がニトロエタンを盗み出す現場を目撃し、証拠を掴もうと撮影に乗り出す。そこへ謎のグループが現れ、フット軍団を撃退すると、即座に去っていく。エイプリルはその瞬間を撮り逃すも、グループが残したと思しきシンボルを発見し、撮影する。

翌日、フット軍団に立ち向かう自警団グループがいると確信したエイプリルは、上司トンプソンに直訴するが、証拠に乏しく、全く相手にされない。ニューヨーク市はフット軍団による犯罪率上昇を受け、軍団撲滅の為、サックス社と提携する。カライは、人間では無い強力な何者かによる妨害に遭った事をシュレッダーに報告する。軍団の再興と街の支配を企てるシュレッダーは、市民を人質に捕り、敵を誘き出す様に命じる。

エイプリルは、生前の父と共同研究を行っていたサックスと久しぶりに対面する。当時のサックスらの研究所はフット軍団により焼失させられ、その時、エイプリルの父も死んだのだった。サックスは社の威信を駆けてフット軍団を撃滅する事を誓い、リポーターとして活躍するエイプリルを激励する。

その夜、地下鉄駅にフット軍団が現れ、市民を人質に取る。意気込んだエイプリルは単身潜入を試みるが、手下に捕らえらる。そこへ4人組のグループが現れ、あっという間にフット軍団を一網打尽にし、人質を解放して去っていく。エイプリルは彼らの後を追い、建物の屋上に集う人型の亀達を発見すると、スマホで撮影する。気付いた亀達が面前に立ちはだかり、スマホを渡すように英語で要求すると、エイプリルは失神する。

目を覚ましたエイプリルに4人組はティーンエージャーの忍者で、ミュータントの亀と告げると、データを消去したスマホを返却する。4人は誰にも存在を明かさぬように釘を差し、夜の街に姿を消すと、エイプリルは去り際を辛うじて撮影する。エイプリルは、彼らが互いをレオナルド、ラファエロと呼び合うのを聞き、かつての父の研究を想起し、父の遺品から「ルネサンス計画」の記録一式を見つける。それは父とサックスの共同研究で、エイプリルが実験用の4匹の亀の世話をしており、それぞれにレオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロとルネサンス期の芸術家の名前を冠したのだった。エイプリルはかつての亀が実験により進化を遂げたのが、タートルズだと悟る。

翌日、エイプリルは資料を纏め、改めてトンプソンに報告するが、トンプソンは荒唐無稽な話に呆れ、エイプリルを解雇する。エイプリルは同僚でカメラマンのヴァーンに経緯を説明し、真実を確認するためにサックスの屋敷に向かう。一報、地下のアジトに戻ったタートルズは、師スプリンターに禁じらている外出を咎められ、お仕置き「ハシ」を命じられる。根負けしたタートルズがエイプリルと接触した事を明かすと、スプリンターはエイプリルの身を危惧し、探して連れてくるように命じる。

屋敷に到着したエイプリルは、サックスにタートルズの事を明かし、ルネサンス計画の事を尋ねる。サックスは火災で実験体と共に全てを焼失して以来、研究が長らく再現できていない事を告げる。サックスは沖縄の米軍基地で生まれ、よそ者として差別されて育ったが、地元の先生が守ってくれて救われた事を明かし、9世紀の日本において、凶悪な領主が支配し、飲水に毒を盛り、暗黒時代を招いた手口がフット軍団と酷似していると説く。その時、偉大な錬金術士が解毒剤を見つけ、世を救ったのに倣い、サックス達も悪に立ち向かう万能薬と称して、細胞の自己修復能力を活性化させるミュータジェンを開発したのだった。サックスは、タートルズに流れている血液が現存する最後のミュータジェンだと告げ、実験体を救出したエイプリルに感謝し、必要に応じて連絡ができる様に名刺を手渡す。

帰宅したエイプリルはPCをドナテロにハッキングされ、呼び出される。タートルズと再会したエイプリルは、アジトへ連行され、4匹の亀と共に飼育していたネズミが進化を遂げたスプリンターと再会する。一方、サックスは師シュレッダーに実験体が生存している事を報告する。シュレッダーは、実験体を捕獲すれば、街はフット軍団の支配下になり、サックス社は莫大な金を得るという積年の計画が実行できると意気込む。サックスは開発したばかりの次世代アーマーをシュレッダーに献上する。

スプリンターは、サックスの邪悪な目的を知り、反発したエイプリルの父が研究所に火を放ち、自らの命と引き換えに計画を止めようとした事を、エイプリルに伝える。エイプリルが実験体のネズミと亀4匹を路上に逃したおかげで、救われた彼らは下水道に逃げ込み、程なくしてミュータジェンの作用で、劇的な変化を遂げた。その後、スプリンターはタートルズを愛情を注ぎ育てた。外界に出る為に心身共に鍛える必要性を感じたスプリンターは、偶然見つけた忍術書を元に忍術を極めると、タートルズに伝授したのだった。

エイプリルはタートルズについてサックスに話した事を明かす。スプリンターは、サックスがシュレッダーに仕えており、シュレッダーの狙いがミュータジェンである事を伝える。エイプリルがサックスから手渡された名刺を思い出すや否や、フット軍団がアジトを急襲する。タートルズが手下を退けると、アーマーを纏ったシュレッダーが現れる。スプリンターはシュレッダーに挑み、善戦するが、シュレッダーの強力なアーマーに屈し、タートルズは手下達に電撃で制圧される。フット軍団はアジトを爆発して去り、レオナルド、ミケランジェロ、ドナテロがサックスの研究所に連行される。

辛うじて生き延びたラファエロは、難を逃れたエイプリルと共にスプリンターを救出し、治療を行う。スプリンターは兄弟を救い、シュレッダーを倒すようにラファエロに命じる。ラファエロはドナテロの発信機で研究所の位置を特定すると、エイプリルと共にヴァーンの車でサックスの屋敷に向かう。

一方、サックスはタートルズをケースに拘束し、ミュータジェンの抽出を始める。サックスは、本社ビル屋上のタワー尖端に猛毒の化学物質がセットされており、それを街中に撒き、世界中を震撼させるという、フット軍団の計画をタートルズに打ち明ける。30日後にはニューヨークが隔離区域となり、そこでサックス社がミュータジェンで作った解毒剤で人々を救出、政府はサックス社に莫大な金を払い、サックスは救世主に、という段取りだった。

ラファエロ達がサックスの屋敷に到着し、研究所を急襲すると、サックスはタートルズを手下に任せ、本社に場を移す。そこへシュレッダーが現れ、ラファエロを退けると、エイプリルはタートルズにアドレナリンを注入し、復活させる。3人はケースを脱出すると、エイプリル達と共にトラックを奪い、研究所を脱出する。タートルズは力を合わせて、カライ達フット軍団の猛攻を振り切り、地下に通じるマンホールに逃げ込む。

シュレッダーはサックス社屋上のタワーに到着すると、ガスの噴霧装置を起動する。サックスはミュータジェンから解毒剤の生成を開始する。タートルズ達は地下からサックス社内部に侵入すると二手に分かれ、タートルズはシュレッダーの元へ、エイプリルとヴァーンはサックスの元へ向かう。

屋上に着いたタートルズはシュレッダーに挑むも、アーマーの強力な攻撃に防戦を強いられる。サックスは、邪魔者だった父を自らの手で殺した事を、エイプリルに打ち明ける。エイプリルはヴァーンと協力し、サックスを気絶させ、解毒剤を奪取する。タートルズは力を合わせ、シュレッダーを退けると、ドナテロが装置の解除を試み、既の所で成功する。シュレッダーはタワーを地上に倒す事で、直接ガスを拡散させようと企てる。タートルズはタワーの倒壊を食い止める為、4人で支える。そこへエイプリルが到着し、ミュータジェンでシュレッダーを誘き寄せるが、その時、タワーが倒れ、不意を突かれたエイプリルは、ミュータジェンを奪われ、シュレッダーと共にビルから落下する。タートルズはシュレッダーを地面に墜落させ、エイプリルを救出すると、ガスの拡散を無事に防ぐ。ミュータジェンはシュレッダーの手の内で割れる。

アジトに戻ったタートルズはスプリンターにミュータジェンを吸収させ、回復させる。スプリンターはタートルズを信頼せず、外出を禁じてきた事を詫びる。程なくして、エイプリルとヴァーンの前に、新車に乗ったタートルズが現れ、秘密を隠し通してくれたエイプリルに感謝する。ミケランジェロは誤ってヴァーンの新車を破壊すると、4人は夜の街へと陽気に走り去っていく。

 

 

言わずと知れたアメコミ・ヒーロー「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」シリーズのリブート作品なのだが、正直なところ、これまでどれか一作品でもしっかりと観たことがあるかというと、全く無いのであった。だから、本作がほぼ初見に近く、斬新ではあるのだが、亀4匹にフックを感じるか否かが、本作を楽しめるかどうかの大きな分かれ目となるのでは無いだろうか。数多ある動物の中で、亀をチョイスするセンスが現代的なノリとそぐわない感は否めないのだが、そうは行っても現時点で最高レベルのVFX技術を駆使したアクションシーンの連続にはやはり圧倒されてしまう。マイケル・ベイ製作とゴリ押しするだけはある。ほとんどCGムービーに近いのに、脳は現実のモノだと錯覚するから、実に不思議だ。それにしても、日本をフィーチャーしているせいか、シュレッダーが吹き替えで日本語を喋るのは興醒めだった。要らんでしょ、その演出。VFX尽くしの本作でそこばかりに注目が集まるが、ミーガン・フォックスが何気に一番の見所なんだよな。ベイと和解して良かった良かった。

f:id:horohhoo:20150811191311j:plain

f:id:horohhoo:20150811191315j:plain

f:id:horohhoo:20150811191319j:plain

f:id:horohhoo:20150811191322j:plain

f:id:horohhoo:20150811191326j:plain

f:id:horohhoo:20150811191331j:plain

f:id:horohhoo:20150811191335j:plain

f:id:horohhoo:20150811191341j:plain

f:id:horohhoo:20150811191346j:plain

f:id:horohhoo:20150811191352j:plain

f:id:horohhoo:20150811191359j:plain